AKB48現チームK千秋楽!上海移籍の宮澤佐江も感謝のメッセージ!

b0064403_0375377.jpg
b0064403_038361.jpg
b0064403_0381946.jpg
b0064403_0383095.jpg



24日、11月から新チーム体制へ移行するアイドルグループAKB48のチームKが、「チームK6th『RESET』千秋楽公演」を行い、現メンバーによる最後のステージを披露した。この日は中国・上海のSNH48へ移籍する宮澤佐江の壮行会も行われた。
秋元才加はじめ大島優子、峯岸みなみ、板野友美、宮澤佐江などが所属するチームK。2009年に組閣が発表され、2010年3月に開幕の「RESET」は、劇場での最長公演になるという。オープニング4曲を終えた大島は、すでに涙を浮かべるメンバーもいる中「初めに謝っておきます。今日は皆さんそっちのけで、チームKで居られる時間を全力で楽しみます」とファンに宣言した。

 また移籍が迫る宮澤は、AKB48での時間をかみしめるかのように、「AKB48チームKの宮澤佐江です」と大きな声で自己紹介を行った。公演では、横山由依が泣きじゃくりトークを展開し、「出だし(昇格当初)に戻ったね」とからかわれる場面をはさみつつ、最後の曲「引っ越しました」で幕。新チームKのキャプテンとなる大島は、この日集まったファンに感謝を述べると、「新チームKも、今のチームKよりもっともっといいチームにしていこうと思います。負けません!」と気合十分な様子で決意を新たにした。

 公演後は宮澤の壮行会が行われ、メンバーひとりひとりが、感謝と応援のメッセージ。気丈に振る舞っていた大島も涙声となり、「本当に出会えたことに感謝しています。心の友、親友です。お互いに、場所は違うけれど、夢を追い続け、そしてつかみましょう」とエールを送った。

 そして宮澤は最後に「今まで当たり前だと思っていたことが、一つ一つなくなっていくのが、正直すごく怖い」と語りながらも「日本で出来なかったことを上海では少しずつできればいいなと思っています。そして、チームK……こんなすてきなチームにしてくれたのは、応援してくださった皆さんのおかげだと思っています。みんなを代表して、本当にありがとうございました」と感謝を述べた。
(シネマトゥディより)
[PR]
by kg417ringo | 2012-10-25 08:37 | SAYAKA AKIMOTO

秋元才加ちゃんを応援してます