AKB大島優子、新体制初日に号泣「この気持ちを忘れたくない」

b0064403_0282524.jpg
b0064403_029113.jpg
b0064403_029926.jpg



人気アイドルグループ・AKB48が1日、新体制をスタートさせ、大島優子が新キャプテンに就任した新生チームKが東京・秋葉原AKB48劇場で初日公演を行った。前キャプテンの秋元才加からエースとキャプテンの重責を労われた大島は大粒の涙を流し、言葉を詰まらせた。

新体制はチームA、K・Bの3チーム編成。それぞれの新公演完成まで、AKB48グループの既存曲の中から各チームが選んだ楽曲で演目を構成する「ウェイティング公演」が行われる。

 先陣を切ったチームKの公演は、大島が中心となって選曲・構成を考え、旧チームKの代表曲や新チームKの新曲「スクラップ&ビルド」、さらには姉妹グループの楽曲メドレーや先月末で解体されチーム4の代表曲「走れ!ペンギン」など、バラエティーに富んだ19曲を披露。中国・上海のSNH48へ移籍する旧チームKの宮澤佐江も温かく見守った。

 アンコールで前キャプテンの秋元が「優子のキャプテンは心配ないですが、エースがキャプテンをするというのは、よほどのプレッシャーなんだろうな、と思っていました」と切り出し、周囲のメンバーがうなずくと大島は涙、涙。秋元は続けて「私がキャプテンのときに言われた“あなたは何もしなくていいよ、私たちが支えるから”という言葉を、メンバーみんなで優子に返してあげられたらいいなと思います」とバックアップを誓った。

 大島は「きょう初日を迎え、この気持ちを忘れたくないですし、皆さんに初日を見ていただくことができて、本当にホッとしています」と安どし、「AKB48の第2章、そして新しいチームKとして、皆さんが絶対に楽しいと思える公演、応援したくなるチーム、そしてお互いに切磋琢磨してAKB48がもっとよりよいグループになるように、一人ひとりが頑張っていきたいと思います」と宣言した。

 なお、出演メンバーは毎回16人。22人のメンバーが入れ替わりで公演を行う。この日スターティングメンバーとしてラインナップされていた松井珠理奈は告知されていたとおり、体調不良のため休演し、松原夏海が代役を務めた。きょう2日は新生チームA、3日は新生チームBがそれぞれ初日を迎える。

■チームK ウェイティング公演初日出演者
秋元才加、阿部マリア、板野友美、大島優子、北原里英、倉持明日香、島田晴香、鈴木紫帆里、中田ちさと、仲谷明香、永尾まりや、藤田奈那、前田亜美、増田有華、松原夏海、武藤十夢
(オリコンより)
[PR]
by kg417ringo | 2012-11-02 00:30 | SAYAKA AKIMOTO

秋元才加ちゃんを応援してます