AKB48:映画「悪の教典」を鑑賞 大島優子「この映画が嫌い」とショックで退場

b0064403_21324100.jpg
b0064403_21315733.jpg



アイドルグループ「AKB48」のメンバー38人が18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで、俳優の伊藤英明さん主演の映画「悪の教典」(三池崇史監督)の大ヒットを記念し「『悪の教典』AKB48特別上映会」に参加した。上映後、衝撃的な映画の内容に大島優子さんが目に涙を浮かべて退場。さらに伊藤さんが突然、ショットガンを手に現れ、会場が悲鳴に包まれる一幕もあった。

 上映会は、AKB48総合プロデューサーの秋元康さんが、同作のエンターテインメント性と芸術性に感動し、メンバーにも勉強してほしいと企画された。また、伊藤さんはAKB48のシングル第12弾「涙サプライズ!」のプロモーションビデオで、英語教師役として出演し、AKB48が生徒役を演じた縁もあった。舞台あいさつには三池監督も登場し、メンバーを代表して柏木由紀さんと秋元才加さんが伊藤さんと三池監督に花束を手渡した。

 柏木さんは「衝撃の連続で、思わず目をつぶってしまいそうになりましたが、最後まで見逃したくありませんでした。英明さんが『涙サプライズ!』の時とあまりに違いすぎて、人間不信になりそうなくらいでした」と語り、秋元さんは「こんなに怖い映画を観たのは初めてでした。それに英明さんがショットガンを持って登場したのが本当に怖かったです」と感想を述べた。伊藤さんは「みなさんのような国民的アイドルグループが見に来てくれたことが本当にうれしいです。一生懸命作った作品を、皆さんがここまで入り込んで見てくれて感動しました」と喜んでいた。

 大島さんは「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが、私はダメでした。ごめんなさい」と衝撃的な内容にショックを受けたようだった。
(毎日新聞デジタルより)
by kg417ringo | 2012-11-19 21:32 | SAYAKA AKIMOTO

秋元才加ちゃんを応援してます